がん診療地域連携パスこのページを印刷する - がん診療地域連携パス

地域連携クリティカルパスとは?
 
大阪南医療センターは、国指定のがん拠点病院として「大阪府がん対策推進基本計画」に則ってがん患者さんの治療を行っています。この計画において、がん医療の連携体制の構築、つまりがん拠点病院と地域の診療所や病院の先生(以降、かかりつけ医と言います)との適切な役割分担による診療連携協力体制づくりが重要とされています。