下肢静脈瘤に対するレーザー治療このページを印刷する - 下肢静脈瘤に対するレーザー治療

当科では下肢静脈瘤に対する最先端治療である、「血管内レーザー照射術」を施行しております。従来行われていた手術を要するストリッピング術という治療と比べると格段に低侵襲(体に負担が少ない)で、傷跡もほとんど残らず、平成23年に日本で保険適応となってから急速に普及しています。

下肢静脈瘤とは・・・

静脈には弁があり、通常これが正常に働いていると血液はスムーズに心臓に戻りますが、静脈の弁の働きが悪くなると静脈の逆流が生じ、これが原因で静脈が拡張し、モコモコした血管のコブを形成します。これが静脈瘤と呼ばれるものです。

原因

妊娠、出産、立ち仕事(教師、調理師、美容師、販売員など、1日10時間以上で重症化)、肥満、便秘など。また女性や高齢者に多いです。

病態

足の静脈の弁に負担がかかると静脈の逆流弁が壊れてしまい、静脈が逆流します。このため下流(足先の方)の静脈に圧がかかり、静脈は太く拡張、蛇行し、モコモコした静脈瘤ができあがってしまいます。

病態

症状

足がつる、だるい、むくむ、疲れやすい、といった症状がでてきます。またひどくなると、足が痛くなったり、黒ずんできたりし、最悪の場合、潰瘍といって穴が開いてくるような場合もあります。

治療

下肢静脈瘤には伏在型、表在型、網目状、くもの巣状の4タイプの静脈瘤があり、血管内レーザー治療の適応となるのは伏在静脈型表在型といった太いモコモコした静脈瘤です。
膝の近くまたはふくらはぎの辺りから、局所麻酔をして、直径約1mmの針を使って静脈をさし、そこからさらに細いワイヤー伝いに直径1mm位のカテーテル(くだ)を静脈に挿入します。そこから逆流している静脈にレーザーファイバーを挿入し、静脈を焼灼(焼き固める)させて逆流をなくします。これにより静脈瘤に流れ込んでいた逆流した血流がなくなり、種々の症状の改善が見られます。

ENDOTHERMELASERTM1470
当センターでは下肢静脈瘤治療用の血管内レーザー装置としてH27年12月に保険認可を受けた本邦で最新型のエンドサームレーザー1470(ENDOTHERMELASERTM1470;LSO Medical, フランス製)を導入し、レーザー治療を行っています。
波長1470nmのレーザーを使用しているため、熱エネルギーが静脈の壁に深く浸透せず(痛みや出血が少なくなります)、またラジアルファイバーにより静脈壁を均等に焼灼するこが可能となり(効率的に熱がかかる)、治療時の疼痛や出血といった合併症がほとんどなく、効率的な治療が可能です。

また従来の製品よりも管(くだ)が細く、さらに小さな傷だけで治療が可能です。レーザー治療は本当に傷が小さくほとんど目立ちません。また体への負担が少なく外来または一泊二日の入院で治療が可能です。
当科でのレーザー治療は、カテーテル治療の専門家であるIVR*専門医が治療をするため、血管内治療のエキスパートによる治療を受けることができます。また放射線診断医でもあるため、治療前の画像による評価も自ら行っており、確実な診断が可能です。
症状のある方はIVR外来にご相談ください。
*: IVRとはInterventional Radiologyの略語で、画像診断法を応用してカテーテルや針と言った非常に細い道具を使用して治療を行う医療のことで、「低侵襲治療」や「切らない手術」などと呼ばれます。体への負担が圧倒的に少ない治療法です。   詳細はこちら

レーザー治療

治療をご希望の方は、かかりつけ医より地域連携室を通じて放射線科 IVR外来(火曜・木曜 午後2時~)予約をおとりください。