緩和ケアサポートチームこのページを印刷する - 緩和ケアサポートチーム

がんの治療中や療養中には様々な苦痛が生じます。近年、これらの苦痛を緩和する医療が、がんの治療と並行して提供されるようになってきています。当センターでは、がん診療連携拠点病院として、がんに対する治療を積極的に行っており、「緩和ケアサポートチーム」が主治医や看護師と連携して、患者さん・ご家族の苦痛を緩和し、治療や療養のサポートを行っています。

緩和ケアってなに?

緩和ケアは、体のつらさ、気持ちのつらさ、生活上のつらさを抱えた患者さまとご家族を、総合的に支えていく医療のことを言います。緩和ケアはその人の「つらさ」に目を向けて行われます。
がんと診断されたときから、いつでも受けることができます。
   

緩和ケアのサポートを受けるには

当センターに通院や入院しているがんの患者さまであれば、いつでも相談できます。外来の患者さまは、主治医の先生から緩和ケア外来に紹介が必要です。話を聞いてみたい方は、主治医もしくは担当の看護師にご相談ください。
 

入院中の患者さま・ご家族には「緩和ケアサポートチーム」が支援します

緩和ケアサポートチームは、がん患者さま・ご家族を中心に、主治医・病棟看護師と連携し、専門の医師や看護師、薬剤師、臨床心理士、管理栄養士、理学療法士、医療ソーシャルワーカーがチームとなって、様々な苦痛な身体症状への専門的な対処や、気持ちのつらさを和らげる治療やケアを行っています。
緩和ケアサポートチーム

緩和ケアサポートチームの構成員

職種 対応内容
身体症状担当医師 痛み、吐き気、息苦しさ、だるさなど身体の症状を中心に対応
精神症状担当医師(非常勤) 不安、眠れない、気持ちの落ち込みなど精神の症状を中心に対応
看護師 身体症状・精神症状・生活上のつらさの総合的な評価、外来・病棟看護師や他職種との連携・調整、副作用症状や痛みをやわらげるケア、家族のサポート
薬剤師 患者さま・ご家族への継続的な薬物療法の支援、薬剤に関する情報提供(服薬指導)適正使用の確認、特殊製剤の作成
臨床心理士 病気を抱えることで生じるさまざまな心の悩みをサポート
医療ソーシャルワーカー 療養の場の選択に関する支援、医療費・生活費に関する支援、介護保険などの社会制度について、人間関係や不安の解消、社会復帰に関する支援、人生の未完の仕事に関するサポート
理学療法士 体力の維持改善や症状の緩和によってQOLの維持改善を目的としたリハビリテーションの実施
管理栄養士 食欲がない時や栄養摂取に関するサポート、栄養補助食品の提案

緩和ケア外来

水曜・木曜15:00~17:00
※当センターで治療を受けている患者さまが対象となります。緩和ケア外来を希望される方は、当院診療科の主治医にご相談下さい。
緩和ケアサポートチーム

緩和ケアに関する講演・イベント

大阪南医療センターでは、緩和ケアに関する講演・イベントを年に1~2回行っています。
緩和ケアに関する知識を得る機会です。ぜひお気軽にご参加ください。
ホーム > 医療関係者の方へ > 緩和ケア推進室 > 過去の研修会・セミナー等