核医学検査・装置のご紹介このページを印刷する - 核医学検査・装置のご紹介

核医学検査は、微量の放射線を出す放射性医薬品を体内に投与し、その放射性医薬品が臓器や体内組織等に集まる様子を画像化し、病気の有無や臓器の働きを捉える検査です。検査の対象疾患は心臓疾患、脳疾患、悪性腫瘍、骨疾患、内分泌疾患、腎尿路疾患、呼吸器疾患など多岐にわたっております。
image
さらに、核医学専用装置も角度可変形2検出機構により検査種に応じた最適な撮像方法の選択ができ、検査時間の短縮及び画像分解能の向上が得られます。
また、体内に取り込まれた放射性医薬品は、数時間から数日で体内から排泄され時間とともに減少していくので後々まで放射線が出ることはなく、検査を受ける本人や周辺の人への影響は心配ありません。安心して検査を受けていただくことが出来ます。