臨床研究部長挨拶このページを印刷する - 臨床研究部長挨拶

ようこそ大阪南医療センター臨床研究部へ!

当院が所属する国立病院機構は、他の一般の病院とは異なり、診療だけでなく、教育、研究にも力を注いでいます。当院の臨床研究部は昭和60年に設立され、政策医療分野(免疫異常、循環器、がん、骨運動器)を中心に臨床に直結した研究を行ってまいりました。
現在、臨床研究部は5研究室(免疫異常、循環器疾患、がん、骨運動器、再生医療)と治験管理室から成り、室長を中心に医師だけでなく他の職種の方も多忙な業務の傍ら活発に研究活動に従事されています。詳細は業績集および各研究室の紹介を御覧になれば分かると思いますが、国際的にも評価されるような成果も輩出され、国立病院機構の中では、常にトップクラスの評価を得ています。これからも志を高く維持し、医療の向上に貢献できるような臨床に直結した研究をさらに推進してゆく所存です。
最後に、医師にとってリサーチマインドをもつことは重要なことと思います。リサーチマインドをもつ若手の医師の参加を切望いたします。
臨床研究部長  佐伯行彦