臨床研究部長挨拶このページを印刷する - 臨床研究部長挨拶

国立病院機構の大きな特徴は、診療だけでなく、教育、研究にも力を注いでいることです。当院の臨床研究部は昭和60年に設立され、政策医療分野(免疫異常、循環器、がん、骨運動器)を中心に臨床に繋がる研究を行ってきました。

現在、想像もできないようなスピードで医療が変革しています。治療法の変革はもちろん、さまざまなイノベーションも医療に応用されています。大阪南医療センター臨床研究部は、多職種や他部門あるいは他施設を繋いで、互いの情報を持ち寄り議論できるプラットフォームを提供できるようにしたいと思います。臨床現場におけるクリニカルクエスチョンを解決する研究を推進することも国立病院機構の重要な使命です。我々は、国立病院機構の巨大な病院間ネットワークを生かした多施設共同臨床研究や大規模臨床研究を推進させることに努め、当院発のリアルワールドデータベースの構築にも取り組んでいます。
最後に、臨床医にとってリサーチマインドを持って診療する事は非常に重要なことです。次世代を担うリサーチマインドを持った若者は大歓迎です!
今後臨床研究の啓発・推進を行っていきたいと思います。皆様のご支援ご指導をどうぞ宜しくお願いいたします。
臨床研究部長  大島 至郎