看護単位概要このページを印刷する - 看護単位概要

東館

東館3階

東館3階は、循環器内科と心臓血管外科、内分泌代謝内科、腎臓内科の混合病棟です。
心臓カテーテル検査や心臓疾患により入院される患者さんに治療・心身の苦痛緩和だけでなく、生活指導に力を注ぎ、安心して退院後の生活が送れるように、医師・薬剤師・栄養士などと多職種連携し支援しています。
CCU/ICUは、東館3階病棟に併設されており、心筋梗塞や狭心症、心臓血管外科術後、外科術後、心肺停止蘇生後など様々な疾患の患者様が入室されます。集中治療を必要とする患者様や家族様に対して安全安楽に検査治療が受けられるように日々関わっております。また、集中治療を受けるに当たり不安を感じる患者様や家族様も多くいるため、医師との連携をはかり、説明の場をセッティングするなどの調整を行い、不安の軽減に努めています。
また、当病棟のスタッフが循環器外来業務も行っており、入院前、退院後も継続し一貫した看護、支援ができるように努めています。
 内分泌代謝内科・腎臓内科では、個人の生活指導や慢性疾患と付き合いながら生活する患者さんのQOL改善を目指した看護に取り組んでいます。

東館4階

東4階
東館4階は脳神経外科、脳血管内科、腎臓内科の混合病棟です。
脳血管・神経疾患による障害を持った患者様のリハビリや機能回復に向けての援助を理学療法士や作業療法士と連携しながら行っています。また、腎疾患患者様への透析治療、内服や生活の自己管理に向けた指導を行っています。退院後の生活を患者様らしく安心して過ごしていただけるよう医師、ソーシャルワーカー、薬剤師などと連携し支援しています。


HCU

HCU
HCUでは主に脳卒中の患者様への急性期看護を実践しています。その他にも、生命の危機状態にある患者様や手術後の患者様などの全身状態の管理を行っています。日々変わりゆく患者様へ専門性を持った看護を提供しています。
また、脳神経外科・脳血管内科・神経内科の外来は当病棟看護師が担当し、退院後も継続した支援ができるように努めています。


東館5階

東5階
東館5階は胃癌、肝臓癌、膵臓癌、大腸癌などの悪性腫瘍、肝硬変、肝炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などの消化器系慢性疾患の消化器内科、脳梗塞などの脳血管内科、放射線治療を行う放射線科の混合病棟です。化学療法・肝動脈塞栓術・ラジオ波・内視鏡などの消化器の専門的検査や治療を安心して受けて頂けるよう看護を提供しています。
がんや肝硬変と診断された時から患者や家族に対し、緩和ケアサポートチームと協力し、がん症状マネジメント、がんリハビリテーションや精神的支援の充実にも取り組んでいます。
また、医師、薬剤師と連携を図り、早期から退院支援に関わり、地域連携と退院支援カンファレンスを行いながら患者・家族が安心して次の療養先に移行できるよう、指導・支援を行なっています 。


東館6階

東6階
東館6階は整形外科と皮膚科の病棟です。股関節や膝関節の人工関節置換手術、脊椎の手術や骨折で救急搬送される患者さんが多い病棟です。皮膚科手術も多く、皮下腫瘍切除術を受ける患者さんが入院されています。
 クリニカルパスに沿った治療・看護を実施しており、医師、理学療法士、作業療法士、看護師が連携しチームで術後早期リハビリを実践しています。
 患者の高齢化さんの高齢化が進み、また退院後も独居の患者さんも多く、社会復帰・家庭復帰のためにリハビリが必要な患者さんのために地域のリハビリ病院と連携をとり「地域連携パス」も活用しています。


東館7階

東7階
東館7階は呼吸器内科、泌尿器科、小児科、リウマチ科の病棟で、小児から高齢者まで幅広年齢の看護を提供しています。呼吸器内科は肺癌、間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患等が主な疾患で、化学療法や放射線療法、呼吸理学療法の短期入院で生活指導支援を行っています。泌尿器科は膀胱癌、前立腺癌、腎癌、尿路結石症等が主な疾患で、周手術の看護や前立腺生検の介助を行っています。悪性疾患に対しては緩和ケアチームと連携を図り、患者様や家族が抱えるさまざまな苦痛を軽減し、その人らしく過ごすことが出来るよう看護を提供しています。小児科では急性期疾患の緊急入院が主で、早期に退院できるように成長・発達に応じた看護を行っています。リウマチ科ではリウマチに合併する感染症や肺炎の入院が主で、急性期から回復期に向けた看護を提供し、地域連携室と協働して退院支援を行っています。


外来診療棟

外来部門は、29診療科を有し60の診察室で 診療が行われています。また、外来化学療法室、 内視鏡検査室、放射線治療室(血管造影・治療や透視検査) 緊急外来を併設し、外来患者様の診療から治療、その後の フォローまで外来で対応しています。
来院患者数は850人/日、化学療法は5000件/年、 内視鏡検査室5600件/年、緊急外来受け入れ200人/月。 これらすべての患者様に安全・安心な医療を提供出来る様に日々取り組んでいます。また、おっぱい外来・フットケア外来などでは、専門的な知識と技術を備えた看護師により患者指導・看護技術の提供をおこなっています。

image image


西館

西館3階

西3階
西館3階は産婦人科、小児科、内分泌代謝内科、循環器科の混合病棟です。 平成29年の分娩件数は400件でした。分娩時には、医学的に必要でない限り医療介入はせず、お母さんの生む力、赤ちゃんの生まれようとする力が最大限に発揮できるよう支援しています。そして、母子ともに異常がなければ分娩直後から母子同室をし、赤ちゃんが欲しい時に欲しいだけおっぱいが飲めるよう、お手伝いしています。退院後もお母さんやご家族の皆さまが安心して楽しく育児をすすめていけるように、おっぱい外来を利用していただいています。 婦人科では、婦人科疾患手術、悪性腫瘍の化学療法を受けられる方に、心も体も穏やかに過ごしていただくために、苦痛の緩和など多職種と連携し、女性の不安をできる限り解決できるように努めています。 小児科は出生直後で治療の必要な新生児だけでなく、食物アレルギーのある小児に負荷試験を行っています。平成29年度は延べ650人以上が色々な食材が安心して摂取できるように試みました。 内分泌代謝内科では主に、妊娠糖尿病の指導、管理を、循環器科では心臓カテーテル検査受ける方を受け入れています。


image image


血液浄化センター

血液浄化センターは、腎臓内科外来、腹膜透析外来、外来透析、入院透析が集約されたセンターです。慢性腎臓病における透析前の保存期から透析導入期、維持透析期までの様々な時期の診療に伴う看護を行っています。医師、看護師、臨床工学技士と連携しチームで透析治療を行っており、患者様が安心して治療を受けて頂けるように取り組んでいます。また透析治療に応じた指導や日常生活など患者様に寄り添った指導を行って、合併症の予防などの管理に努めています。


  


西館5階

西4階
西館5階は、外科、乳腺外科、脳神経外科の病棟です。
外科、乳腺外科は、胃癌、大腸癌、肝・胆・膵の癌、胆石症など消化器疾患、乳腺の悪性腫瘍の入院が主で、周手術期・終末期の看護、化学療法を受ける患者の看護を行っています。
入院時から退院後の生活まで、不安なく過ごしていただけるように、皮膚排泄ケア看護師などの認定看護師、地域連携室、栄養サポートチーム、緩和ケアチームなど様々な職種・チームと協力し身体的・精神的・社会的支援を積極的に行っています。
脳神経外科は、障害を持った患者のリハビリや生活援助を行い機能回復に向けての看護を行っています。


西館6階

西6階
西館6階は、リウマチ・膠原病・アレルギー科、整形外科、呼吸器腫瘍内科・呼吸器内科、内分泌代謝内科の混合病棟です。 主に、自己免疫疾患の先端医療を担う基幹施設としてチーム医療に積極的に取り組んでいます。
リウマチ科では、リウマチ治療の4本柱である、薬物療法・運動療法・教育・手術療法をチームで取り組み、医師、薬剤師、理学療法士、栄養士と共に評価を行いながら患者さまが安心して治療を受けて頂けるよう日々取り組んでいます。 膠原病科は、皮膚筋炎・全身エリトマトーデス・強皮症・血管炎の診断と治療を、アレルギー科は気管支喘息の他睡眠時無呼吸症候群の確定診断を1泊2日で行っています。 内分泌代謝内科では、糖尿病について個人指導や糖尿病実践講座(毎週水曜日)を開催しています。
呼吸器腫瘍内科・呼吸器内科は肺炎、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎が主で酸素療法や呼吸訓練を行っています。


西館7階

西7階
西館7階は血液内科病棟です。
南河内二次医療圏の血液内科の中核を担っている病棟で、化学療法や放射線治療、輸血治療が安全に受けられるよう、医師と協力し副作用の観察や予防に努めています。また、血液疾患は易感染状態や出血傾向にある患者さまが多く、患者さま自身のセルフケアの自律に向けた患者指導に取り組んでいます。
移植医療も行っており、長期療養を強いられる患者さまも多いです。移植前からの感染予防に加え、口腔粘膜障害予防、長期入院による筋力低下予防など、合併症を最小限に抑えられるよう予防管理に努めています。また医師・看護師・コメディカルと連携したチーム医療も積極的に取り組んでいます。