メッセージこのページを印刷する - メッセージ

東館7階 看護師  西岡 滉記

東7看護師
呼吸器腫瘍内科、泌尿器科、小児科の病棟で、0歳から90歳代と幅広い年齢層の患者さんが入院されています。また、混合病棟なので様々な疾患の患者さんが来られます。私は附属外の看護学校から入職したため、初めは新しい環境に不安や戸惑いがありました。しかし、同じ病棟の先輩方に優しく指導していただき、まだまだ未熟ですが今では日々やりがいを感じて働くことが出来ています。また同じ男性看護師の先輩が3人いることも心強く、東7病棟に入職出来て良かったと感じています。これから先、同期の看護師とも切磋琢磨しながら一人前の看護師になれるように頑張っていきます。

東館6階 看護師 

私たちは整形外科と皮膚科がある東館6階病棟で働いています。
まだまだ不安や術後看護の難しさを感じていますが、術後にADLが低下している患者様への看護を行い、徐々に回復されていく姿を見るととてもやりがいを感じます。
初めは不安でいっぱいでしたが、先輩たちや仲間の支えのおかげで日々看護に対して学ぶことがたくさんあります。また、医師や先輩たちが整形外科特有の勉強会を開いてくださり、知識を深めることができています。
これからも知識や技術を深め、先輩たちのような良い看護ができるよう日々努力して行きたいと思います。
東6病棟東6病棟

東館5階 看護師

東5看護師
消化器内科・脳血管内科病棟に勤務しています。
入職したばかりの頃は毎日緊張や不安で胸がいっぱいでしたが、患者様に寄り添い、ニーズに沿った個別性のある看護を実践するために、日々先輩看護師から優しく丁寧な指導を受けながら沢山のことを学んでいます。
これからも分からないことや不安なことがあれば相談し合える同期と支え合いながら、先輩の指導のもと看護技術を習得し、患者様に安全で安楽な看護技術を提供できるよう、また、患者様の心身に寄り添える看護師になれるよう日々精進して頑張っていきたいです 。

東館4階 看護師

東4看護師
東館4階病棟に入院中の患者さんは疾患により自分で身の回りのことができなかったり、意識レベルが低下し言葉で想いを表現できな かったりする人が多いため患者さんの表現できない部分も看護師が観察し、想いをくみ取りながら安全・安楽を守れるような看護の必要性を感じています。 新人看護師6名は、先輩に支援してもらい、お互いに日々の学びを共有し、励まし合っています。患者さんの望む生活に向けて看護師としての役割を果たせるように力を合わせて成長していきたいと思います。


HCU 看護師

HCU看護師
多くの急性期の看護経験を積んだ先輩からたくさんの技術。知識を学べる環境で日々成長を実感することが出来ています。わからないところは私達が理解して看護に繋げることができるようになるまで丁寧に教えてくれます。また、急性期の患者さんとその家族の心のサポートについても学ぶことができる職場です。患者さんを理解し、より良い看護が提供できるように頑張っています。

東館3階 看護師 川岸 美穂

東3看護師
新人看護師として循環器病棟に配属されました。今はまだ経験が浅いこともあり、毎日慣れない業務をこなす日々が続いています。循環器特有の疾患、検査、治療が多く知識不足を痛感することがありますが、先輩方からの適切な指導により日々多くのことを学ぶことができ充実しています。また安全安楽な看護技術のもと患者さんの状態・ニーズに合わせた看護を提供できるように、根拠に基づいたアセスメント力を身につけていき、患者さんに信頼してもらえるような看護師になれるように努力していきます。

西館6階 看護師 古田 朋華

西6
私は、リウマチ・膠原病・アレルギー科病棟で勤務しています。今年の春に看護師となり、学生の時とは違って看護師の資格である免許を持ち、責任のある行動がより必要となる中で、日々不安や緊張を感じながらも先輩に助けていただいたり同期と協力したりしながら働いています。たくさんの患者さまと関わる中で、看護の難しさや知識・技術の未熟さを感じることもありますが、先輩に丁寧なご指導をいただき、日々たくさんの学びを得ています。その学びを活かし、患者様一人一人に合った関わりができる先輩のような看護師になれるよう日々精進して頑張りたいと思います。

西館3階 助産師 今井 綾乃

西3看護師
産婦人科病棟で助産師として働いています。
分娩期から産後のお母さん、赤ちゃんや、産婦人科以外のご入院の患者様方と日々 関わらせていただく中で、自分の知識不足や看護技術の未熟さを多々感じています。
しかし、先輩方がひとつずつ根拠から教えて下さったり、質問しやすい環境を作ってくださっているので、一人でできることが徐々に増えてきて、助産や看護実践を楽しく感じています。


西館3階 看護師 久住 愛美

西3看護師
産婦人科病棟で患者様、先輩方から毎日たくさんの事を学んでいます。
看護で困った事や技術面で不安な事もマニュアルを用いて丁寧に指導して下さるので少しずつですが看護技術を習得しています。
また、同期とも情報共有し技術面での注意点や看護で分からない事を不安なままにしな いでその日のうちに解決しています。
入院生活の不安や苦痛を少しでも軽減できるよう患者様に対して自分には何ができるの かを考える事ができる看護師になれるよう日々精進して頑張っていきたいです。


西館3階 看護師 岸本 智実

西3看護師
産婦人科病棟で主に、婦人科の患者さんに接して、先輩と患者さんとの関わりから多くの事を毎日学んでいます。
困ったことがあると先輩は丁寧に指導して下さっています。日々少しずつできる看護技術がふえることで、様々な患者さんと 関わり、患者さんから頂く「ありがとう」の言葉が支えになっています。これからも先輩に指導いただきながら患者さんの気持ちに寄り添った 看護ができるよう学習して、知識・技術を高めていきたいと思います。


手術室 看護師 赤井悠 沖野七美 奥原奈央 比嘉鈴華

手術室看護師
手術室は、様々な診療科の手術を外科医・麻酔科医・看護師等多職種で協働しながら実施しています。入職して手術室に配属され、術式やそれに伴う解剖や器械の名前・使用方法など、わからないことばかりで不安や緊張もありましたが、先輩方や医師の指導のもと、日々多くのことを学び、少しずつできることが増えていくことに喜びを感じながら働いています。 同期4人でお互い支え、学びあいながら毎日を過ごしています。
これからも多くの人に支えられていることを自覚し、患者さんが安全に手術を受けられるよう、これからも患者さんの安全や倫理的配慮を常に意識しながら、学びを深めていきたいと思います。