メッセージこのページを印刷する - メッセージ

教育担当看護師長 河嵜美子

教育担当師長
現在の医療現場は看護師に求められる知識と技術がますます高くなってきています。生涯学び続ける専門職の育成をはかるため、看護基礎教育終了後の継続教育、スキルアップの現任教育等の教育研修を企画・運営しています。当院では国立病院機構の看護職員能力開発プログラム(ACTyナース Ver.2)に基づき、系統的かつ段階的な育成をはかっています。集合教育と機会教育の連携のなかで、医療現場で確かな看護実践能力を発揮できる人材育成に取り組んでいます。また認定看護師、看護教員、看護管理者などのキャリア形成を支援する体制も整えています。
 常に考え、相手を思いやり、看護を行う専門家の育成のため、研修や現場のなかでお互いの看護を語りあい、学びあい、高めあえるような支援を行っていきたいと思っています。

東館7階 看護師  南宅美咲

東7看護師
呼吸器腫瘍内科、小児科、泌尿器科、リウマチ科病棟で、がん治療・リハビリ・検査・手術を受けられる幅広い年代、様々な状態の患者さまが入院されています。
入職して新しい環境、分からないことが多くある中で、看護師として患者さまに接する責任を感じ緊張や不安、戸惑いもありますが、先輩方からの指導やフォローもあり、たくさんのことを学ばせてもらいながらやりがいを感じながら働くことができています。
同期ともお互いの悩みや状況を話すことで励まし合える仲間となりました。たくさんの人に支えられながらですが、日々成長していけるよう頑張っています。

東館6階 看護師 森本桃香

東6看護師
整形外科、皮膚科がある東館6階で働き始めて2ケ月がたちました。
術後、ADLが低下している患者さんに看護を行い、徐々に回復されていく姿を見てとてもやりがいを感じています。
初めは不安でいっぱいでしたが、先輩方が技術面でも精神面でも支えて指導して下さるので、日々学ぶことがたくさんあります。
また、病棟での勉強会などを開いてくださり「整形外科」に特化した知識が深められます。これから、知識や経験を重ねて先輩方のようにより良い看護が行えるように努力していきたいと思います。

東館5階 看護師  北野智央

東5看護師
私は、消化器内科、脳神経内科、放射線科の混合病棟で勤務しています。
‬ 入職時はわからないことばかりで不安でいっぱいでした。しかし、病棟の先輩方全員が優しく丁寧に指導してくださり、多くの学びにより充実した日々を送っています。東館5階では終末期の患者さんもおられるので、日々のコミュニケーションから患者さん・ご家族の思いをくみとり、寄り添う看護ができるようになりたいです。そのためには知識や技術に加え、四側面をアセスメントする力が大切なので、日々先輩の看護を見て学びながら自己研鑽に励み、よりよい看護が提供できるように精進したいと思います。

東館4階 看護師 道端 葉月

東4看護師
私は、脳神経外科・内科、腎臓内科病棟に勤務しています。
知識も技術も未熟で分からないことが多く、先輩方に頼ってばかりですが、病棟の先輩全員が私たち1年目をサポートしてくださり、日々楽しく仕事をすることができています。なんでも相談に乗ってくださる2.3年目のチューターの先輩がいたり、教育担当の先輩が技術面や患者さんの看護について学びを深められるように調整してくださっており、すごく教育体制の恵まれた環境で学ぶことができています。
患者さんやご家族の望む生活に向けて、日々チームで話し合いをしており、先輩方の看護を見て日々学んでいます。これからも先輩方から多くのことを学び、患者さんにとってより良い看護が実践できるように頑張りたいです。

東館3階 看護師 井上真奈美

東3看護師
東館3階病棟に配属になり、半年が経とうとしています。最初は、わからないことが多く戸惑うことがとても多かったです。しかし、病棟の先輩たちがフォローしてくださり、わからないことは一つ一つ丁寧に教えてくださいますのでその不安も、入職時よりも少なくなりました。東3階は集中治療室も併設されていますので、看護や疾患、検査、治療など勉強する機会にも恵まれています。今後も看護を行っていくなかで患者様、個々のニーズに合わせた個別性のある看護を学び実践してきたいです。

西館7階 看護師 奥村真子

西7
私は血液内科に勤務しています。働き出して5か月が経ちました。
病棟では血液疾患の患者さんを担当し、先輩から指導を受けながら日々学んでいます。
春は看護師として働くことに不安を感じていましたが、同期と支え助け合いながら患者さんの全体を把握して看護できるようになってきたとやりがいを感じることができ、今は治療を受ける患者さんの心と身体に寄り添える看護師になりたいと思うようになりました。
休日は自宅でゆっくり、ヨガをしたりして身体を動かしリフレッシュしています。
1年目でまだまだ未熟ですが、学び続け先輩のような看護師になりたいです。

西館6階 看護師 古家咲希

西6
リウマチ・膠原病・アレルギー科病棟に配属となり、2か月が経ちました。最初はわからないことが多く、看護師としての責任に対し、緊張や不安、戸惑いなどがありました。また患者さんと関わるなかで自分の知識や看護技術が不十分であることを実感しました。そんな時、優しく丁寧に指導してくださる先輩方や互いに話し合える同期に支えられながら、少しずつですが、自分なりに働く環境に慣れていきました。まだまだ看護師として未熟ですが、患者さんに対して自分には何が出来るのかを日々考えながら、入院生活での苦痛や不安を少しでも軽減することができる看護師になれるよう、これからも精進していきたいと思います。

西館5階 看護師

西5看護師
西館5階では急性期から回復期、また終末期といった全ての病期の患者さんと関わることができ、日々沢山のことを学ばせて頂いています。だからこそ、その患者さんの今の状態や背景から、その方一人一人に必要なことは何かを考え、ニードに合わせた看護ができるよう実践していきたいです。4月の中旬から病棟勤務で初めは戸惑いましたが、教育体制がしっかりとしており、看護技術の習得、実践を先輩方の指導のもと行うことができ、病棟の雰囲気にも少しずつ慣れることができました。これからも、時にはリフレッシュをしながら日々精進して頑張っていきますと思います。

西館3階 看護師 日高加愛

西3看護師
産婦人科病棟で、患者さん、お母さんと赤ちゃん、先輩方から多くの学びを得ている毎日です。技術面だけでなく、不安や緊張の連続でも、日々の看護や業務で困ったこと、嬉しかったことを先輩と共有するなど、精神面でのサポートもしてくださいます。先輩方の丁寧なご指導、見守りのおかげで、分娩介助や看護技術において少しずつできることが増え、さまざまな患者さんと関わること、その患者さんやお母さんから頂く嬉しい一言が毎日の支えになります。また、協力し合える同期や先輩と食事会をしたり、遊びに行ったりして、リフレッシュしながら頑張っています。患者さんの生活、不安や痛み、喜びに寄り添える看護ができるよう、知識や技術を高めていきたいです。