新型コロナウイルス感染症への対策のお知らせとお願いこのページを印刷する - 新型コロナウイルス感染症への対策のお知らせとお願い

日頃から、大阪南医療センターをご利用くださいましてありがとうございます。
皆様におかれましては、今回の新型コロナウイルス感染症の拡がりをご心配なさっていることと思います。そこで、皆様に大阪南医療センターの考え方と対応、サービスを続けるための職員体制についてお知らせします。また、医療・看護等にあたりお願いしたいことがございます。皆様には、なにとぞご了承の上ご理解くださいますようお願いいたします。
  1. 大阪南医療センターの方針
    現在の状況下であっても、できるかぎり通常の医療・看護等を提供したいと考えています。しかしその際、患者様・ご家族様が新型コロナウイルス感染症にかかる可能性や医療従事者がかかる可能性を想定した対応をいたします。
    1. 職員は、毎日検温を行います。発熱やノドの痛み、せきなどの有症状時には、無理に働かせず、受診行動をとるなど自己の健康管理ができるようサポートしています
    2. 職員の家族に発熱者等の症状がある場も同様に、速やかに受診を促し健康に留意しています
    3. 研修会を含め、多くの人が集まる会へは、出来るだけオンライン等で対応し、不要な対面や密の場を避けます。必要不可欠な場合は感染予防対策を行います
    4. 感染拡大や、学校等の休校・保育園等の休園により出勤困難な職員が増えた場合、状態が安定するまでの間、担当者以外の者が代わりに対応することを相談させていただきます
    5. 職員が医療・看護等で対応する際、マスクの着用、場合によってはシールドやガウンを着用する場合もあります

  2. ご利用者様・ご家族様へのお願い
    1. 来院される患者様・ご家族様に発熱等の症状がないか、確認をさせていただきます
    2. 新型コロナウイルス感染症を疑われた場合は、医師と相談しながら対応させていただきます。
      他のご患者様への感染を予防するため、症状によっては診察等を中止させていただくか、予定を変更させていただくことがあります
    3. ご家族様に発熱等の症状がある場合は、付き添いや面会の来院を控えてくださいますようお願い致します
    4. すべての患者様・ご家族様も手洗いや咳エチケットを行い、マスクの着用をしていただく事をお願いします