独立行政法人 国立病院機構 大阪南看護学校
学校の沿革 教育過程 学校案内 VOICE OSAKA MINAMI 同窓の広場 就職先一覧 募集要項 入学試験合格者 学生の近況

学生の近況 学校生活のご紹介
2020年度
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
本校の学生たちの学校生活をご紹介します!
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
3年生看護観発表会を終えて
2017年度生(3年生)は、12月に領域別看護学実習を終えました。3年間のすべての教育課程を終え、卒業前に72名が看護についての考えをまとめました。
この発表会をむかえるにあたり、夏季休業前に「人間」、「環境」、「健康」、「看護」の4つの主要概念について考え、発表しました。そして、すべての実習を終え、あらためて「今、自分が考える看護とは?」と、これまで受け持たせて頂いた患者様との関わりを振り返り、看護理論を活用しながら自己の考えを整理し、言語化しました。
3年生の発表の様子
発表は代表者6名が行いました。患者様に関心をもつこと、そしてその対象を理解することが大切であること、そのためには自己のコミュニケーションの傾向を知ることなど、「自己理解」、「他者理解」について、振り返る機会となりました。
発表会には2年生も参加しました。
2年生も初めての領域別看護学実習2科目を終えたばかりの時期でした。
3年生の発表を聴講し、意見交換を行いながら、1年後の自分たちがこのように看護について考えをまとめることができるのかという不安と、こんなに成長できるんだという期待を感じながら、来年の3年生の実習に向け、さらに学習に取り組まなければと感じる機会となりました。
2年生の聴講の様子 2年生の聴講は、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、一堂に会することを危惧したため、ビデオカメラで撮影し、ライブ中継さながらで行いました。
災害訓練
2月8日(土)大阪南医療センターで災害訓練が実施され、私たち1年生は患者役として参加しました。
実際の災害を想定した訓練であり、患者の状況が詳細に決められていました。私たちは、訓練がより現実的に感じられるように患者を演じました。
災害訓練の様子
患者として看護師や医師の対応を受ける中で、その迅速さと連携体制、そして安心感を与える看護師さんの対応のすばらしさを感じることができました。
将来、自分達が災害時に対応することを念頭に学習していきたいと思います。
  Copyright (C)2003- Nursing School of OSAKA MINAMI. All Right Reserved.
 



TOP